Quatre Reves ONLINE

動画視聴

動画視聴出来ない場合はこちらをクリック



□収録内容□
○公演映像
○スターアングル(別アングル映像)
○特典映像(稽古風景)
16ページカラーブックレット付
※公演映像、特典映像(稽古風景)、ブックレットは、ブルーレイとDVD同じ内容です。

【おことわり】
音楽著作権上の都合により、『シトラスの風―Sunrise―』第15場「♪私のいとしいお父さん(O mio Babbino caro)」(歌唱:星風)はヴォーカルを割愛して収録いたしております。あらかじめご了承ください。

脚本・演出:小柳奈穂子/作・演出:岡田敬二

主な出演者(公演プログラム記載順)
真風涼帆・星風まどか・芹香斗亜・愛月ひかる・寿つかさ・美風舞良
(専科)星条海斗

ブルーレイ/TCAB-061/宙組/宝塚大劇場
収録日:2018年3月30日/収録時間:165分+スターアングル
発売元:株式会社宝塚クリエイティブアーツ
※価格はすべて税込み表示です。

□Story□
『天は赤い河のほとり』原作/篠原 千絵「天は赤い河のほとり」(小学館)
紀元前14世紀、古代オリエント――。ヒッタイト帝国の首都ハットゥサは、黒海へと流れ込む赤い河マラシャンティアに抱かれ、皇帝シュッピルリウマ1世の治世の下、繁栄の時を迎えていた――。皇帝の第三皇子カイルは、その血筋に加え優れた才能を持つ世継ぎと一目置かれている。暁の明星が輝く明け方、ハットゥサの王宮を訪れていたカイルは、呪術の形代としてタイムスリップさせられた現代の女子高生、鈴木夕梨(ユーリ)と出会う。彼女を召喚したのは、自分が産んだ皇子に帝位を継がすため、他の皇子たちを亡き者にしようと画策する王妃(タワナアンナ)、ナキアであった。水を操る神官でもあるナキアは王宮の泉を使い、古代オリエントの世界へユーリを引きずり込んだのだった。カイルはナキアの手からユーリを守るため、側室として自分の傍に置くことにする。そして再び泉に水が満ちる一年後、必ず元の世界に戻してやると約束するのだった・・・。

『シトラスの風―Sunrise―』
1998年宙組誕生時に上演された『シトラスの風』を、宙組誕生20周年、そして作・演出を手掛ける岡田敬二のロマンチック・レビュー・シリーズ第20弾を記念して、新生宙組の誕生に相応しいフレッシュでバイタリティに溢れた新場面を加え『シトラスの風―Sunrise―』として上演。“シトラス”のイメージが放つ“清々しく、爽やかで、若い”風と、宝塚レビューの香りと色彩を詰め込んだ詩情溢れるレビュー。

『天は赤い河のほとり』『シトラスの風―Sunrise―』

ブルーレイ
¥11,000 (税込)
発売日
2018/06/15
数量

検索

リリースカレンダー

  • ブルーレイ・DVD・CD
  • ブック
  • グッズ
  • ポスター・その他

検索

円~