TCA オンラインショップ5000円以上送料無料

上部画像をクリックで拡大
DVD

ロシアの作家ボリス・パステルナークの代表作「ドクトル・ジバゴ」
をミュージカル化。

価格: ¥8,640

発売日:2018年5月14日

数量

動画視聴

動画視聴出来ない場合はこちらをクリック

□収録内容□
○公演映像
○特典映像(稽古風景)
※映像及び音楽の割愛、差し替え等はございません。
脚本・演出:原田諒

主な出演者(公演プログラム記載順)
(専科)轟悠
(星組)有沙瞳
DVD/TCAD-551/専科・星組/シアター・ドラマシティ
収録日:2018年2月10日/収録時間:148分
発売元:株式会社宝塚クリエイティブアーツ
※価格はすべて税込み表示です。
□Story□
幼い頃に両親を亡くしたユーリ・ジバゴは、叔父であるグロメコ家の当主、アレクサンドルに引き取られ、医学の道を志している。共に育ち心を寄せてきた従妹トーニャとの結婚が決まり、未来に思いを馳せる彼だったが、日毎に混乱していく街の様子に不安を抱いていた。詩人としての才に長けたユーリは、貴族の誇りを胸に、古き良きロシアの息吹を自身の詩に綴りつつも、今や国を支えているのは多くの労働者であり、貴族が安逸を貪る時代は終わったと悟っていた。ある夜、スヴェンチツキー伯爵邸で開かれたパーティでは、晴れて医師となったユーリとトーニャの婚約が披露された。人々が杯を交わす中、客の一人、弁護士のコマロフスキーが拳銃で撃たれる騒ぎが起こる。彼を襲ったのは洋裁工房「アマリヤ」の娘、ラーラ。彼女には革命派の学生でパーシャという恋人がいた。母、アマリヤのパトロンであるコマロフスキーにパーシャのことを知られたラーラは、母に告げると脅され執拗に関係を迫られたのだ。一方ユーリは、傷を負ったコマロフスキーの手当てをしながら、彼に見覚えがあることに気付く。彼こそ、ユーリの父を騙し死に追いやった男だった・・・。

©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ
当ホームページの管理運営は、株式会社宝塚クリエイティブアーツが行っています。当ホームページに掲載している情報については、当社の許可なく、これを複製・改変することを固く禁止します。また、阪急電鉄並びに宝塚歌劇団、宝塚クリエイティブアーツの出版物ほか写真等著作物についても無断転載、複写等を禁じます。

ページトップ

©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ/当ホームページの管理運営は、株式会社宝塚クリエイティブアーツが行っています。
当ホームページに掲載している情報については、当社の許可なく、これを複製・改変することを固く禁止します。
また、阪急電鉄並びに宝塚歌劇団、宝塚クリエイティブアーツの出版物ほか写真等著作物についても無断転載、複写等を禁じます。

  • 宝塚歌劇ホームページ
  • 阪急交通社
ページトップ